月の夜に降る雪

――詞華集 日々の営みの中で さまざまにうつろう 心模様です――
MENU

蛍より

     *

春は花の花弁をまき散らす、
 未来の果実のためでなく、
  ただひとときの気散じのために。


     タゴール 著
     大岡 信 訳

該当の記事は見つかりませんでした。