月の夜に降る雪

――詞華集 日々の営みの中で さまざまにうつろう 心模様です――
MENU

蛍より

     *

長い間意味を見失っていた私の心の苦痛のように、
太陽の光線は闇の衣装を身にまとい、
大地の下に隠れる。
 とつぜん愛に触れられた私の心の苦痛のように、
 光線は春の呼び声でヴェールをぬぎ換え
 色のカーニバルとなって立ち現われる、
 花の中にも葉の中にも。


     タゴール 著
     大岡 信 訳

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。