月の夜に降る雪

――詞華集 日々の営みの中で さまざまにうつろう 心模様です――
MENU

Funeral

最期のときにその人の人生が評価されるのなら、
大成功の人生だったのだろうと思う。

たくさんの人に悼まれて、
入りきれないほどの人が集まって、
焼香台も急いで増設されて、
返礼も念のための多めの予備まで使い切って、
家にも最後の別れに来る人がひっきりなしだった。

でも誰よりも長く生き残って寂しいお葬式だったとしても、
長く生きたほうがよかったよね――

それほど楽しんだ人生だったんだから、
まだあと同じくらい――
これまで生きてきたのと同じくらいの年月を生きて当然だった。

生きるべき半分しかなかった。

どんなに充実していたって、もうあと同じだけ、生きるべきだったよ。


該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。