月の夜に降る雪

――詞華集 日々の営みの中で さまざまにうつろう 心模様です――
MENU

一抹の寂しさ

新しいところに移って三週間。
同じ組織、同じ仕事だけど、
これまでの気楽で自由にやれた場所とは違う。

分かっていたはず。
なのに、日が経つにつれ、増えていく。
ああ、こういうことかという実感。

小さな失望が重なっていく。

機械的に進んでいく物事の、
とても小さいネジなのだということが、
目の前にハッキリ見えてくる。

歯車でさえない、小さいネジ。

分かっていたことだけれど、
ああ、こういうことなのか。

春の休日、山を歩いて寺に行く。
引いたおみくじには、小吉の文字。

「すべて順調だが、その中に一抹の寂しさが混じる」

安定が必要で、今の場所に移るために頑張ったけど、
競争をくぐり抜けてたどり着いたけど、

たどり着けて順調だけど、
一抹の寂しさ。

ああ、そうだ、本当だ。


該当の記事は見つかりませんでした。