月の夜に降る雪

――詞華集 日々の営みの中で さまざまにうつろう 心模様です――
MENU

不安の闇

不安は涙も出ない。
悲しみのように浄化されることがない。

押し寄せる絶望の闇に、ただ慄えるだけ。
あるいは焦燥の冷気に、肌が粟立つだけ。

不安は薄れもしない。
波のように何度でも返しては寄せる。


該当の記事は見つかりませんでした。