月の夜に降る雪

――詞華集 日々の営みの中で さまざまにうつろう 心模様です――
MENU

わたしを傷つけた人たちは

このみつき、わたしを傷つけた人たちは、
みんな優しい人たちで、

優しく受け入れ、優しく包み、
わたしが心を許したら捨てていった。

わたしが今、頼られ支える人たちは、
みんな優しさ求めてて、

わたしは受け入れ、優しく包む。
わたしが心を許した人たちに近いくらいに。

わたしはあの人たちほど優しくないけど、
あの人たちほど弱くもない。

わたしは自分が支えられる範囲しか受け入れない。

最初から、受け入れない。

このみつき、わたしを傷つけた人たちも、
みんなそうしてほしかった。

優しく受け入れ、後から拒む。
優しく包んで、頼ったら拒む。
そんなやり方は一番つらい。

そんなやり方がもっとも残酷。


スポンサーサイト

誰にもそれはある

誰にもやりきれないことはあって、
誰も泣きながら立ち上がって、
いやでもまた歩いていく。

誰にも耐えきれないことはあって、
みんな立てなければ這ってでも、
ずるずるとまた進んでいく。

無題

人なんて結局みんなわたしを傷つける

表面だけの職場の友人のみにしておくのがいい、たぶん

仕事をやめれば終わっていく関係

人なんて親しくなればすれ違っていく

深く知り合わない知人程度の友達だけにするのがいい、きっと

いつでも遠ざかっていけるくらいの絆

人なんてみんなわたしを傷つける


友達の法則

人と仲良くなって、
親しく話すほど合う人で、
そんな人と出会えて幸せだと思ってつきあううち、
やがてまもなく気づく。

やはり最後は分かりあえないんだっていうこと。
最後の二歩くらい手前で、分かりあえなくなるっていうこと。
いや、三歩四歩手前でもうだめだっていうこと。

人と人とは100%は分かりあえない。

50%、60%でつきあうようにすれば、
たくさん友達がいる人になれる。

70%、80%は満足したいなら、
少数精鋭の友人を持てる。

90%を求めるとしたら、
友達のいない人になるだろう。


胸の奥

人を信頼してないって?

本当に悲しいこと、悲しすぎることは、
言えないよ。

誰だってそうでしょう?

人との関係を築けないって?

なんでも言える人なんて、そういない、
いないよ。

誰だってそうでしょう?


あなたたちに責められるいわれはないよ。


該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。