月の夜に降る雪

――詞華集 日々の営みの中で さまざまにうつろう 心模様です――
MENU

ほんの少し

人生がまだ終わってなかったと知るのはいいことだ。
そこはかとなくいいことだ。

頭のてっべんの避けられない白髪をまめに染めてみたり、
胸の形を整えるブラを買ってみたり、
ダイエットなんかして、顔が痩せたらたるみが現れて嘆いたりする。

もうかなり終わっているのだけれど、まだいいこともある。
それを知るのはいいことだ。

月曜の朝が嫌でなくなる。
仕事帰りにカフェなんて寄ってみたくなる。
人と優しい気持ちでつきあえる。
なんかうきうきしたりする。
足取り軽くなったりする。

もう人生に気負いなんかない。
少し嬉しければ楽しめる。

ほんの少しで気分が上がる。

明日、悲しみが待っているかもしれないとわかっていても、
明日、ひどいことが襲ってくるかもしれないとわかっていても、
ほんの少しで微笑める。

そこはかとなく微笑める。


スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。