FC2ブログ

月の夜に降る雪

――詞華集 日々の営みの中で さまざまにうつろう 心模様です――
MENU

変化

前はもっとおとなしかったよね。
そうですね。

私はこういうこの人しか知りません。
そうですね。
あなたとは今年一年しかつきあいがないから。

今は、
際限とか、線引きとか、
自分の世界とか、
なくなったから。

変わりましたね。

執着

すでに失ったのに、失いたくないと思ってるんだな。

もしかしたら、はじめから得ていなかった。
なのに、失いたくないと思ってるんだな。

空しい執着。
だから答えが出ずに堂々めぐりをするんだな。

持て余す

心を持て余す。

人と話すとイライラする。
嫌いな人じゃないのに。
話しかけられるとイライラする。
嫌いな人じゃないのに。

止められない。

ブロック

朝の駅のホームで、ふと考えると
涙が今にも出そうになる。
放っておいたらあっという間に泣いてしまう。

心が弱っているから、傷痕がまだ痛むから、
心の周りにブロックを置いて守ってる。

人に心を打ち明けないこと。
人に何も話さないこと。

自己開示。そんなもの、ほんとのところは
誰もしない。

友人、たぶん

求めない。
関係はわたしだけで作るものじゃないから。

受け入れる。
わたしはたぶんもうこの人が親しい人だから。


変調

猫の目のように変わる気分に振り回されて、
あっちにいったり、こっちにきたり。

誰からも好かれてない無価値な人間に思えて、
起きるに起きられず、寝るに寝られず、
悶々とした心で、転々と体を動かす。

そんな昨夜の低質な眠りの後で、
まったく気分の上がらないまま身支度をして、
まったく低調な気持ちで駅まで向かう。

電車で座って、向かいの窓から明るい春の大気が見えた。
少し気分が上がって、
あんなに面倒だと思って迷った週末の飲み会が、
なんだか楽しそうに思えてきて、
今日、人が少ないから、あの仕事とあの仕事を片付けよう、
なんて思ったりして、
少し気分が良くなったな、なんて心でつぶやいて、

でもこれが、昼にはまた低迷していたり、
1時間後にはうんざり、イライラしていたり、
帰る頃には「気にしないんだ!」なんて思うか、
または「ひどい毎日だ」と救いのない気分だったり、

そしてまた夜には疲れ果てて横になり、

明け方には悶々とした心で、転々と体を動かすのだ。

決して晴れないのに、嵐にもならない。
修復されないのに、壊れもしない。

猫の目のように変わる気分に振り回されて、
あっちにいったり、こっちにきたり。


慢性プチうつ

朝。
ずっと前から目覚めているのに、
起き上がれずに、ぐずぐず。

電車。
自然体で、笑顔で、明るく。
仕事に向かう自分に言う。

職場への道。
知り合いと会って話して、
外側の自分を取り繕う。

着いた頃には、
取り繕ったテンションに
自分の中身も追いついた。

このくらいのプチうつは
ほとんどの人が抱えてる。

人生は慢性プチうつ。

別れ

人との別れが来ると思うこと。

一番別れたくなかった者とは別れることになった。
どこを探してももういない。

願いが浮かんだとき思うこと。

一番かなってほしかった願いはかなわなかった。
だからもう天には願わない。

人生を通過する人たち

「ワタクシの人生を通過する方たちとのふれあいを大切に、毎日を過ごしていきたいです」

そうですね、それはいいことですね、と答えながら、

心の中で

そのとおりだとつぶやいた。

すべての人は、通り過ぎてゆく。
すべての出会いはやがて過ぎ去る。

家族以外は残らない。
いや、家族でさえ、
互いに過ぎ去りあう存在だ。

今日はまだここにいても、来月は辞めていく人。
今はまだ元気でいても、もう先は長くない人。
来年も共に働いても、定年後は会わないだろう人。

つながりを持ち続けようと努めても、いずれ離れていく。
やむを得ない力が、自分や相手を暴力的に連れ去ることもある。

すべての人は通り過ぎてゆく。

無題

どうでもよくなるとき。
つまり、長生きしなくていいやと思うとき。
そのままの言葉で言えば、
死んじゃうのもいいな、ってとき。

そんな言葉を言ったら、きっと叱られる。
たしなめられる。だから言わないけど。

死にたいと言っているのではない。

生きるのが面倒ということ。

いろいろ面倒。
年を重ねるとあちこちにほころびがあって、
ちょっとのストレスがこっちにできると、
それがあっちにも影響して、そこここに波紋が広がって、
人生めんどくさい。

ああ、もういいや。
って、どうでもよくなるときがあるんだよね。

作業過程

考えないこと

もう考えないようにしよう。

考えてたら堂々めぐりに陥るだけだから。

でも考えないって難しい。

だって考えてしまうでしょ。

気になることや嫌なことはつい考えてしまうでしょ。

考えないほうがうまくいくのに。

期待しないこと。それが大事。

期待しないこと。それが大事。

期待は必ず裏切られる。
この職場におけるわたしは。
この人生におけるわたしは。

暑い朝

今日、自分に言い聞かせたこと。

やる気が出てなくてもいい。
やることや、やると決めてたことを、ひとつひとつやればいい。

ごちゃごちゃの整理

職場にこだわりすぎないことだ。
人にもこだわりすぎないことだ。

つまるところ家族しかよりかかれる場所はない。探すこと、求めることに意味はない。
家族がいなくなったら、自分自身しかいないのだ。

最終的に自分しかいないのだ。
人はひとり。
いろんな人や関係に囲まれているのは、楽しくて幸せで生きてるかいがあることで、安心できて地に足がついてる感覚で心地よい。
その幻想が長く続くのは幸せだけど、続かない人もいる。そのときは仕方がないのだ。

自然な普通のわたしでいて、なるべく一番いいわたしでいて、それで誰かがわたしを好きになってくれたり、一緒にいたいと思ってくれたりするなら、それはいいこと。だけど、求めても得られないものだから、得られないときも気にしないことだ。

人の価値はいろんな要素でできてる。
わたしのレーダーチャートは社会的なポイントが低い。それを埋めて平均以上の総合点にするには、ほかのポイントも足りない。
だから、気にしないことだ。求めないことだ。

求めないってこと。
それは期待しないってこと。